アルファード値引きの交渉術と現在の状況

アルファード値引き情報徹底解説

アルファードはトヨタ車の中でもかなり人気の車種です。そのため、値引き交渉は非常に難易度が高いです。

 

ここではアルファードの値引き交渉に必要な知識や方法を解説しています。総額80万円のコストカットも可能なので、ぜひ一度ご覧ください。

 

アルファードの値引き最新相場

アルファード値引きはタイミング次第で状況が変化します。はじめに、今の値引き状況をチェックしましょう。

 

アルファード車体値引き限界額 アルファードオプション値引き率
25~35万円 10%~15%

合計限界値引き額→45万円

 

ディーラー下取りは平均20万円以上の損!

事前の一括査定で愛車の買取相場を調べよう

おすすめの一括査定はコチラ

 

目次

はじめにアルファード値引きの準備をしよう

 

今乗っている車は、ディーラー下取りに出すことを考えている人がほとんどでしょう。下取りに出すことによって、アルファードの購入金額を下げることができるからです。ですが、ここに落とし穴があります。ディーラーの下取りは、現実の買取相場よりもかなり安いのです。最悪、数十万円からの大損となることもあるほどです。

 

どうしてディーラー下取りが安いのか? それは、ディーラーに買取車の売却ルートがないからなのです。たいてい、地元の中古車オークションに丸投げして終了です。そのため、買取価格はどうしても伸びにくいのです。

 

その点、中古車買取専門店であれば、国内・海外に販売ルートをたくさんもっているので、高額買取も可能となります。特に海外は日本車が大人気ですから、古い車でもびっくりするような高値で売れていきます。そのため、ディーラー下取りよりも高い相場となるのです。

 

苦労してアルファードを値引きしても、今乗っている車が安く買いたたかれてしまうと、総額ではマイナスに転落する可能性が高いです。そのため、愛車の買取相場をリサーチしておくのは非常に大切です。

 

大切なのは、アルファードの値引き交渉を行う前に、愛車の買取相場を調査しておくこと。そうでないと、交渉中に下取り価格を提示されても、相場を知らないので高いか安いか判断することができないのです。

 

必ず、商談前に相場はリサーチしておきましょう。

 

今乗っている車の買取相場を知るには?

愛車の買取相場をリサーチする方法は簡単で、中古車買取店に車を持ち込めばOKです。そうすれば、リアルタイムな買取相場を提示してくれます。

 

とはいえ、1店舗だけだとたまたま在庫が余っていて、高い査定額を出せないことがあります。そのため、最低でも2~3店舗から査定を受けたほうがいいでしょう。そうすれば基本的にはディーラー下取りよりよっぽど高額な買取金額がつきます。

 

中古車買取店にいちいち行くのが面倒くさい
おかしな業者だったらイヤだ

 

こんな不安がある場合は、インターネット一括査定を使うのも手です。パソコンもしくはスマホを使って、自宅からかんたんに一括査定を受けることができ、面倒がありません。

 

さらに、複数の店舗から一括査定を受ける形になるので、オークションのような状態になり、買取金額がどんどん高騰していくのも魅力です。なので、ネットの一括査定では、ディーラー下取りよりも平均30万円ほど高いと言われています。


一括査定サービスはいろいろあるのですが、その中で一番人気があるのが「かんたん車査定ガイド」です。

 

 

どうして一番人気かというと、↑の画像のように、愛車の暫定買取相場がその場ですぐに見られるからです。

 

この暫定価格表示は他の査定サイトにはありません。なので、支持されているのです。

 

あとはこの金額をメモしておいて、アルファードの商談に利用すればOK。そうすると、営業マンが下取り価格を提示してきても、高いか安いかがかんたんに判別できます。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
 http://a-satei.com/

 

1分程度で完了するので手間もありません。

 

その他の査定サイトも使ってみる

今乗っている車の査定価格は、査定業者が多ければ多いほど高騰していきます。なので、複数の一括査定サービスを使うことで、さらにたくさんの業者から査定され、価格も高くなっていくのです。

カーセンサー

自動車専門誌でも有名な「カーセンサー」の運営サイト。リクルート母体で信頼性が高いほか、最大査定業者数も「30」となり圧倒的です。入力項目がやや多いですが、作業自体は数分で完了しますし、高騰しやすいのでおすすめです。

 

公式サイトはこちら
 http://carsensor.net/

ズバット車買取比較

地域密着業者に強い査定サービス。そのためマイナー車種や古くてボロボロになった車種の査定に強いです。郊外に住んでいる場合も、外せない査定サイトと言えるでしょう。

 

公式サイトはこちら
 http://www.zba.jp/

 

>目次に戻る<

 

アルファードの値引き方法を学ぶ

アルファードとヴェルファイアの競合

アルファードの値引きに最も効果があるのが、ヴェルファイアとの競合です。「同じトヨタなのに?」と思われるかもしれませんが、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアやネッツ店の取り扱いとなるため、資本が異なるのです。資本が違うということは当然ノルマも別なので、お客さんを奪い合うことになります。

 

また、アルファード同士で競合させるのも有効です。アルファードはトヨペット専売となりますが、

 

大阪トヨペット
神戸トヨペット
京都トヨペット
奈良トヨペット
和歌山トヨペット
滋賀トヨペット

 

のように○○トヨペットの「○○」部分が違っていれば異資本ということになりますから、ノルマも別々となっています。つまり、お客さんの取り合いが発生するのです。

 

ヴェルファイアはネッツ専売ですが、ネッツもたくさん異資本ディーラーがあります。

 

つまり、アルファードとヴェルファイアの両方の見積もりを複数のディーラーで取って「相見積もり」という形にすれば、だんだんと値引き額も膨らんでいくというわけです。

 

ライバル車種との競合

アルファードにはハイブリッドモデルがありますが、今まではハイブリッドのライバル車種がなかったためライバル競合というのは難しい面がありました。しかし、最近オデッセイがモデルチェンジによってハイブリッドグレードをリリースし、アルファードの前に立ちはだかっています。なので、オデッセイとの相見積もりは値引き効果が高いです。

 

また、アルファードのガソリンモデルはライバル車種が多く、エルグランドやオデッセイなどが競合対象となります。これらのライバル車種と相見積もりすることで、値引き額を引き上げていくことができるでしょう。

 

>目次に戻る<

 

アルファードの値引き交渉をしよう


今乗っている車の買取相場がわかって、アルファードの値引き交渉テクニックも把握したら、ついにアルファードの商談に移ります。ここで、2つの点に注意してください。

 

交渉は3回まで!

アルファードの商談を何回もしつこく行っても、営業マンはうんざりするだけです。なので、3回で決める!という意識を持ってください。そうすれば営業マンにもその覚悟が自然に伝わるので、限界値引き決裁も飛び出しやすくなります。

 

あらかじめ予算を決める

商談前に、予算は決めておきましょう。総額35万円引きを目指すなら、定価から35万円を引いた金額を予算に設定してください。予算を決めておかないと、営業マンは「この人は本当に買う気があるのか」と悩んでしまい、交渉が進みにくくなります。

 

これらの注意点を考慮して、アルファードの商談の初回~3回目の解説をします。

 

初回の交渉

アルファードの値引き交渉の初回は、挨拶程度で大丈夫です。初回から全力交渉をすると、相手もびっくりして引いてしまうでしょう。そのため、アルファードの見積もりを取る程度でOKです。

 

実際にトヨタディーラーにいって見積もりを取ってもOKですが、ヴェルファイアやライバル車種の見積もりも取らないといけないので、ディーラーめぐりで数日休日がつぶれることになります。

 

そのため、効率よくしたいならネットで見積もりを取り寄せてしまいましょう。自動車ポータルサイトの「オートックワン」を利用すれば、パソコン(もしくはスマホ)で全国各地のディーラーから見積もりの取り寄せが可能です。アルファードの初回交渉の代わりになりますし、取り寄せた見積もりの段階で値引きがついていることがほとんどです。

 

どちらにせよ、初回交渉ではアルファードの見積もりを取るのは絶対必要です。見積もりを取ると相手にも購入意思が伝わり、やる気を見せてもらえます。直接ディーラーに行ってもいいですし、オンライン取り寄せでもいいので、必ずアルファードなどの見積もりは取るようにしましょう。

 

全国のディーラーから新車見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら
 http://autoc-one.jp/

 

「見積りを取るのが面倒だから」といって、取ったフリをしたまま交渉をしてしまうと、営業マンにすぐにバレます。リアル感がないためです。交渉は100%確実に失敗しますし、最悪の場合そのディーラーに行けなくなってしまうでしょう。

 

本命ディーラー、対抗ディーラーの見積書は必ず事前に取っておきましょう。

 

2回目の交渉

アルファードやライバル車種の見積書を手に入れたら、2回目の交渉を行います。ここでは初回とは違い、本気で交渉にのぞみます。

 

見積書を持って来てくれるお客さんは、ディーラーからしても重要なお客さんなので、きちんと対応してくれます。

 

ここでは、以下のような交渉を行っていってください。

 

  1. 本命ディーラーや対抗ディーラー、ライバル車種の見積書を持っていって「あのディーラーは安くなる」などといってプレッシャーをかける
  2. 対抗ディーラーなどの見積書は見せないようにする
  3. アルファードのオプション値引きも狙っていく
  4. 時間をかけて交渉をじっくり進行させる
  5. 契約したくなっても我慢して帰る

 

基本的な交渉術は、対抗ディーラーの見積書の中から一番値引きされる見積書を用意して、「このお店だとヴェルファイアがこれだけ安くなる」などと言ってプレッシャーをかける方法です。「もっと安くなるなら、このお店でアルファードを買いたい」と言えば、相手も考慮してくれるはずです。

 

ここで注意するのは、対抗ディーラーの見積書は見せないことです。もし気軽に見せてしまうと、「その値引きより1万円引き」といった形で交渉が終わってしまうことがあります。また、最悪の場合営業マンが相手のディーラーに電話をかけてケンカになるなんて例もあります。なので、「他店に迷惑をかけてしまうから」といって断るといいでしょう。そうすれば、営業マンは勝手に対抗ディーラーの値引き金額を想像して、上乗せしようとしてきます。

 

ただし、あえて見せてしまうのも手です。アルファードの値引きがなかなか伸びないときに、他店の見積書を見せれば、「その金額より少し値下げ」ということは可能です。

 

ただこれはあくまで奥の手なので、気軽に使うのは避けましょう。また、他店に迷惑をかけないよう念押しが必要です。

 

アルファードのオプション値引きについては、それほど難しくありません。アルファードの場合、オプションの金額に応じて10%程度ならかんたんに割り引いてくれます。言わないだけ損なので、オプションを付ける際は必ず値引きを引き出すようにしましょう。

 

アルファードの交渉が進んでくると、営業マンも熱くなってくるので、「この場で契約してください!」と言ってくるはずです。こうなると、「せっかくしっかり対応してくれてるし、契約してもいいかな」と思うかもしれません。ですが、ここで我慢して帰るのが限界値引きのコツ。「家族で話し合って決めます」などといって帰るようにしてください。アルファード限界値引きはここで契約しないで帰るかにかかっていると言ってもよいくらいです。

 

3回目交渉

ついに最後の交渉です。訪問日は、2回目交渉の次の日がよいでしょう。そうすれば、営業マンの熱をそのまま引き継ぐことができます。2回目交渉が土曜日、3回目交渉が日曜日というのが理想です。そうでなくても、なるべく間を開けないようにしましょう。

 

3回目交渉では、ディーラー側でアルファードの限界値引きを用意していることも多いです。「あのお客さんは購入寸前だから、次きたら確実に落とそう」と、営業マンが店長と話し合ってアルファードの値引きを決裁しておくわけです。2回目で帰るのはこのためなのです。

 

3回目には、営業マンのやる気も最高潮なので、ある程度キツめの条件もバンバン通ります。アルファード値引き増額はもちろんですが、諸費用をカットしたり、ガソリンを満タン状態で納車させたり、果てはお土産を要求したりなどとにかく要求を出しまくりましょう。

 

ですが、欲張り過ぎるのはアウト。あらかじめ決めたアルファードの購入予算を達成したら、気持ちよく契約しましょう。そうしないと、営業マンが「どれだけ譲歩すればいいんだ」と感じて険悪になり、全てが水の泡になってしまいます。

 

アルファードの商談に使えるテクニックをいくつかご紹介します。「ここだ!」という場面で使ってみてください。

 

「嫁さんがヴェルファイアの方がいいと言って聞かない。僕はアルファードの方がいいのでなんとかして!」と、家族をダシにして泣き落とし
ハンコを机に置いて、「○○万円以内になるならこの場で契約する」と迫る
契約直前に、忘れてたフリをしてオプションを追加する。「これだと予算が厳しいな」なんて困ってみせると、営業マンは契約を白紙にしたくないのでオマケしてくれることが多い

 

>目次に戻る<

 

アルファード値引きまとめ

 

愛車の買取相場を知っておく

愛車があるのなら、買取相場は事前に必ず調査しましょう。そうでないと、ディーラーから下取り価格を言われても、高いか安いかわからないのです。

 

もし安いまま売ってしまうと、数十万円の大損になることがあり、アルファードがいくら値引きできたとしてもマイナスになってしまいかねません。

 

そのため、一括査定サービスを使って愛車の買取相場を調べるのは必須となります。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
 http://a-satei.com/

 

アルファードならではの値引き交渉術を知ろう

アルファードはトヨタの車種なので、トヨタ同士の競合が有効。特にヴェルファイアは車格も似ているし、ネッツ店の販売になるため資本も違ってきます。

 

ライバル車(オデッセイなど)の競合もからめていけば、値引きは拡大しやすいです。

 

交渉は3回まで

アルファードの交渉は何回もやると逆効果です。3回できっちり〆るようにしましょう。

 

3回で満足いく結果がでなかくても心配はいりません。トヨタディーラーは数がたくさんあるので、別のディーラーで再チャレンジすれば大丈夫です。また、あちこちのディーラーに行って話をしているうちに、反応がいいディーラーは自然と出てきます。そういうディーラーを本命に設定していくのもよいでしょう。

 

初回交渉はたくさんのディーラーに行く必要があるので、効率化するならオンラインで見積もりを取り寄せるといいでしょう。

 

全国のディーラーから新車見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら
 http://autoc-one.jp/

 

 

 

このように、アルファードの値引き交渉を正しく勧めていけば、愛車売却で30~40万円、車体値引きで30~40万円オトクになり、トータルで80万円コストカットできることになります。

 

>目次に戻る<

 

アルファードの値引きの目標

アルファードはミニバンの中でも最高級車種の1つなので、そもそも車体価格が高いのが特徴です。モデルチェンジしてから時間が経過して、値引き額そのものは拡大していますが、車体価格からみれば値引き率は10%程度なのでまだまだ値引きの渋い車種の1つと言っていいでしょう。

 

ここでは、アルファードの値引きを最大限引き出し、80万円安く購入するための方法をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

 

アルファードの値引きプランを立てる

最初に重要なことは、アルファードの値引き目標をしっかり立てることです。まずは以下の目標一覧をご覧ください。

値引き額 難易度 備考
15~20万円 ★★ 一般人レベル
20~30万円 ★★★ ちょっと詳しい人レベル
30~35万円 ★★★★ 目標にしたいレベル
35~40万円 ★★★★★ 名人レベル

アルファードの値引きは、最大限引き出せば名人レベルも夢ではありませんが、それはあくまで値引き名人だからできることです。ここでは目標レベルの金額を目指すことにしましょう。当サイトの内容を読んで実践すれば、高確率で目標レベルの値引きは引き出すことができます。

 

名人レベルを狙うのも構いませんが、これには膨大な知識と時間が必要になります。値引きアップがたったの5万円であることを考えれば、目標金額を達成したところで手じまいにした方が効率がいいですし、あらかじめ目標が決まっている方が営業マンとの交渉もスムーズに進みます。

 

アルファードの平均額はどのくらい?

 

アルファードに限った話ではなく、全ての車種であることなのですが、「値引き交渉をせずに提示された金額で買ってしまうお客さん」はかなりいるのです。そんな値引き0円で購入する人も計算に入れると、アルファード値引き平均額は限界額の半分以下になります。仮に現在額を30万円とすると平均では15万円以下になってしまうということです。

 

ですが、実際にはアルファードを15万円値引きすることはあまり難しいことではありません。「アルファードの値引き平均額の半分いったから満足」とは思わないようにしてください。平均額はあまり意識せずに、限界額を視野に入れてしっかり交渉してきましょう。

 

>目次に戻る<

 

アルファードのオプション値引きを引き出す為には?

アルファードの値引きは大きく分けると、「車体価格」と「オプション料金」の2つになっています。

 

車体に関しては「同メーカーでの競合」や「ライバル車との競合」というわかりやすい交渉方法があります。しかし、「オプション値引きはどうすれば引き出すことができるのかさっぱりわかりない」という方もたくさんいるようです。

 

ここからは、アルファードのオプション値引きをより多く引き出す方法を解説していきます。

 

オプション値引きの交渉では流れを味方につけよう

 

アルファードのオプション値引き金額は、オプションをたくさん追加すればしただけ引き出すことが可能です。しかし、必要のないオプションを追加したことで値引き金額を大きくしたところで何の得もありません。自分の欲しいオプションに絞って追加し、その上で値引きをしてもらえるようにする必要があります。

 

そうする為に、まず最初にアルファードの車体本体の値引き交渉を一段落つけてから、オプションに関する商談に入るように心がけましょう。

 

なぜなら、まだアルファードの車体の話が終わっていないのに、オプションの値引き交渉の話を同時に進めてしまうと「それならオプションをつけて下さい、そうしたら値引きできますよ」などと営業マンの口車に乗せられてしまい、特に欲しくもないオプションを追加されてしまう羽目になるでしょう。交渉に慣れているなら同時にこなすこともできるでしょうが、これは初心者にはなかなか難しいのです。

 

ですから、あまりこういった場にのぞんだことがない初心者の方は「車体」と「オプション」に関する交渉は別々に進めた方がいいでしょう。最初にアルファードの車体値引きに関する交渉を一通り進めた上で、最後にオプションに関する話を出すのがコツです。

 

あらかじめサービスしてもらいたいオプションを決める

 

アルファードでしたら、オプション値引きは20%はとっておきたいところです。オプションを40万円分つけると仮定すると、合格ラインは8万円引きということになります。

 

ですが、オプション値引きの方法は「総額40万円ですから、ここから8万円引きでどうでしょう」というような話にはならないのです。購入するオプションの中から「○○をサービスでお付けします」という形で行われます。なので安い物をサービスされると損してしまいます。「フロアマットをお付けします」ということになれば、せいぜい3万円引きくらいになりますので、こうならないように準備が必要なのです。

 

事前に自分の欲しいオプションの値段を調べておき、なるべく高いオプションをサービスしてもらえるようにしておきましょう。

 

一番のオススメはコーティングのサービス

 

基本的には↓の表のディーラーオプションを追加する方が多いです。

 

  1. フロアマット
  2. ドアバイザー
  3. ETC
  4. コーティング
  5. ナビ(メーカー付属の場合を除く)

総額:約40万円

 

ここに様々なオプションを追加することで個性を出していくことになるのですが、まずはこの表のオプションが基本形となります。

 

この表の例で言うと「ドアバイザー」がサービスということになると、せいぜい2万円から3万円といった程度ですので希望額には全く届きません。この表から選ぶべきは断然「コーティング(約8万円」でしょう。コーティングを選んでおけば、目標だった総額からの20%カットに届きます。

 

しかし、「別にコーティングは欲しくないけど」と思われる方もいるでしょう。ですが、5年間の保証がつきますし、この先アルファードを売る際の売価が高くなります。8万円分の価値は十分にあるのです。

 

オプション値引きの交渉法

 

一番最初にやっておくことは、初回見積りであえて、オプションが一つもついていない見積書をもらうことです。本来であれば、営業マンにとりあえず見積もりをという形で任せてしまうと向こう側のおすすめオプションを適当につけた見積書が上がってきます。ですが今後の交渉を有利に進める為には「オプションなしの見積書をください」と言ってしまいましょう。

 

その後は、オプションをつけずにアルファードの車体価格に関する値引き交渉を進めていきましょう。値引き額が希望しているラインにとどいたら、そこではじめてオプションの話を出します。まずは自分が欲しいと思っているオプションのうち「コーティング」以外を付けるようにしましょう。そうすると「コーティングは必要ありませんか?」と確認してくるでしょうから「予算ギリギリだから厳しい、でもコーティングがないとちょっとね…」とアピールしていきましょう。営業マンからすればコーティングくらいの金額で契約が白紙になっては困るということでサービスしてくれる可能性がアップするのです。

 

むしろ、向こうからコーティングをサービスしますと提案してくるケースもありますし、ストレートに「コーティングをつけてくれたら、予算オーバーせずに済むよ」と値切ってしまうのもありでしょう。なんにしても、値段の安いオプションをサービスしてもらっても意味がありません。コーティングなどの金額の高いオプションをサービスさせる流れに持っていくことで20%カットを狙っていきましょう。

 

しかし、営業マンは「オプションがまったくついていない状態では、交渉がやりづらい」と言ってくる場合もあるでしょう。これは真っ赤な嘘ですから、絶対にだまされないようにしてください。オプションも売り上げになりますからないと困る、というディーラー側の都合であってアルファードの車体値引きに関わってくる話ではありません。「オプションがあるとややこしいので、そういう話は後にしたい」と突っぱねて、交渉を進めましょう。それは無理です!などと言ってくるようであれば、そのディーラーとこのまま交渉を続けてもいい展開にはならないでしょう。さっさと見切りをつけて他のディーラーへ行きましょう。

 

>目次に戻る<

 

アルファードハイブリッドの値引きテクニックは?

アルファードにはハイブリッドがラインナップされていますが、車体価格自体がガソリン車よりも高価ですから、値引き額を大きくしてなるべく安いと思われるでしょう。

 

ハイブリッドの値引き交渉で意識しておきたいポイントは↓の3つがあります。

 

  1. アルファードハイブリッド同士を競合させる。
  2. ヴェルファイアハイブリッドとの競合を絡める。
  3. オデッセイハイブリッドとの競合をする。

 

アルファードハイブリッド同士の競合

 

アルファードの値引き交渉方法の中で一番簡単で効果がわかりやすいのは「アルファード同士の競合」です。アルファードはトヨペット専売になっていますので、異資本トヨペットでの競合を狙っていきましょう。前述の様に、○○トヨペットの「○○」が一文字でも違うようであればそれは異資本ディーラーですから相見積を狙っていきましょう。

 

ここで気をつけなければいけないポイントは、競合させるのは「ハイブリッドアルファード同士」だということです。ハイブリッド車とガソリン車を競合させても意味がありませんので、あらかじめ異資本ディーラーでハイブリッドアルファードの見積もりを複数取ってハイブリッド同士をぶつけていきましょう。

 

アルファードのグレードもしっかり合わせておくことも重要です。一番安いグレードと一番高いグレードをぶつけてもこれも意味がありません。同車種競合を狙う時は、必ず同じグレードの相見積もりを行いましょう。

 

ヴェルファイアハイブリッドとの競合

 

ヴェルファイアはネッツ専売車ですから、そもそもトヨペット専売であるアルファードとは資本が異なります。ですから、特に気にせずに適当なディーラーで競合させても値引き効果は高いです。

 

ですが、アルファード同士の競合の時と注意事項は同じです。「同ランクのグレード」同士を競合させるようにしましょう。アルファードとヴェルファイアは姉妹車ですから、グレード構成や装備や値段などほとんど同じです。ですから必ず同等グレードで競合させるようにしましょう。

 

オデッセイハイブリッドとの競合を

 

アルファードとライバル車競合を行うのであれば「オデッセイハイブリッド」が一番やりやすいでしょう。ややオデッセイとは価格帯が違うのですが、オデッセイは燃費性能が高いですから、アルファードは燃費性能で大きく差をつけられています。ですから、トヨペット店としてはオデッセイとの競合はなるべくしたくないところです。その為、ライバル競合の効果が高いのです。

 

オデッセイ競合を行う場合には、アルファードのグレードをガチガチに決めておく必要はありません。ですが、価格があまりにも離れていると競合効果も薄くなってしまいますので、なるべくオデッセイハイブリッドの価格と近いグレードを選んでおくのが無難でしょう。

 

>目次に戻る<

 

アルファードの各グレード特有の値引きテクニックは?

アルファードのグレードの中からこれが欲しいというビジョンが明確な場合、「このグレードを値引きするのに有効な交渉法を教えてほしい」という方がいるでしょう。アルファードはグレードの種類が豊富ですから、人気のあるグレードをピックアップして、それぞれのグレード特有の値引きテクニックについて語っていきます。

 

S・Cパッケージの交渉テクニック

 

S・Cパッケージはアルファードの中では特別仕様車を除いて一番人気のグレードになっています。エアロ装備のグレードであるのが人気のポイントですが、それに加えて「エグゼクティブパワーシート」などの豪華な装備を持っているのも見逃せないでしょう。

 

S・Cパッケージに決めているということは、つまりエアロは必須装備だと思っているはずです。もちろんそれは営業マンにも筒抜けですから、

 

  1. ヴェルファイアとの競合
  2. アルファード同士の競合
  3. オデッセイアブソルートとの競合

 

のどれかにするようにしましょう。エアロに力を入れていない車との競合は、戦術にブレが出てしまうので避けるようにしましょう。

 

ただし、ヴェルファイアとの競合の場合、エアロ重視であればヴェルファイアの方が人気が高いためディーラー側に「単に値引きを引き出したいだけなのでは?」と意図がばれてしまう可能性があります。エアロで言えばヴェルファイアなんだけど内装に関してはアルファードの方が好きなので迷っている、などの対抗する要素を押さえておきましょう。

 

アルファード同士での競合ならば、異資本トヨペットを使ってS・Cパッケージ同士で相見積もりをしていけば、お手頃かつ確実に一定額の値引きを引き出せるでしょう。そこにヴェルファイアとの競合もからめていきましょう。しかし、希望のラインまで値引きができる前に異資本トヨペットのネタを使い切ってしまうかもしれません。そういった場合の切り札としてオデッセイアブソルートとの競合が有効です。

 

オデッセイアブソルートは「エアロ装備のオデッセイ」と考えて下さい。ですから、ディーラー側から見ると「どうしてもエアロをつけたいんだな」というように見えますので不利になることはありません。

 

しかし、S・Cパッケージはアルファードの中では上級グレードで価格も高価です。オデッセイアブソルートとは価格面で真っ向勝負できる車ではありませんので、競合させるのはなかなか難しいでしょう。ですから最後の切り札として使うくらいにしておいて、まずはアルファード同士の競合を行い、そこにヴェルファイアをからめていくといった戦術を基本に交渉しましょう。

 

 

S・Aパッケージの交渉テクニック

 

S・Aパッケージでも、S・Cパッケージの場合と大きく変わりはありません。エアロは必須ということで価格が同じくらいでもエアロを装備していない車との競合は避けましょう。

 

アルファード同士での相見積もりやヴェルファイアとの競合、それかオデッセイとの競合が戦術の中心になってくるでしょう。S・Aパッケージであれば価格は少し下がってきますのでアルファード同士よりもオデッセイと競合させる戦術の方が有利になってくるかもしれません。

 

S・Aパッケージと同じ価格帯のオデッセイアブソルートは、最高級グレードである「アブソルート・X ホンダセンシング EXパッケージ」です。こちらのグレードには安全面を高める装備である「ホンダセンシング」を装備していますし、装備や内装がゴージャスになってきますから、アルファードS・Aパッケージとも競合させやすいでしょう。「オデッセイのホンダセンシングが気になるけど、アルファードが安くなるなら…」といった感じで圧力をかけていきましょう。

 

アルファード同士で競合してももちろん効果はありますが、土地柄異資本ディーラーが少ない場所もあると思いますので、オデッセイ競合もどんどん狙っていきましょう。

 

Xの交渉テクニック

 

アルファード「X」はエアログレードではありませんから、これまでの二つのグレードの交渉テクニックとは少し目先が変わってきます。

 

最初にヴェルファイアはエアログレードが人気の車種ですから、内装重視のアルファードのしかもエアログレードではない「X」と競合させてもそれほど大きな効果は見込めないかもしれません。切り札として取っておくにとどめておきましょう。

 

反面、アルファード同士での相見積もりは効果絶大です。異資本トヨペットを数多く訪ねて価格競争を引き出してじっくり競合させていきましょう。

 

オデッセイ競合に関しては、うまく使えば効果はありますがやり方次第では交渉に置いて逆効果の可能性もあります。こちらを回る余裕があるならば多くのトヨペットを回る方に注力した方がいいでしょう。

 

「X」のような非エアログレードを値引きしたければ、アルファード同士の相見積もりを中心に考えましょう。ヴェルファイアは最後の一押しだったり有効に使える場面があるようなら活用していきましょう。オデッセイはおまけ位に考えておいた方が賢明です。

 

>目次に戻る<

 

アルファード特別仕様車の値引きテクニックは?

アルファードの全グレードの中で特別仕様車は人気が高いですから、どうにか値引きして安く買いたいと思っている方も多いでしょう。しかし、特別仕様車は他のグレードよりも値引き交渉がむずかしいのです。

 

その理由は、特別仕様車が欲しい人は「他のライバル車と迷ってない」と言っているのと変わらないからです。特別仕様車をえらぶということはつまり「絶対にアルファードが欲しい」ということになりますので、「オデッセイにも魅力を感じている」などと言ったところでウソがバレバレです。

 

そして、ヴェルファイアとの競合も難しいでしょう。ヴェルファイアも特別仕様車があるのですが、コンセプトはアルファードとまったく違いますから、選択肢に入ってきづらいでしょう。

 

ですから、アルファードの特別仕様車の値引きをしたい時には、「アルファード同士の競合」これに絞って勝負していくのがいいでしょう。異資本トヨペットでアルファードの特別仕様車を相見積もりし「安いところで買います」と言ってしまえばあとはもう単純な値引き合戦です。ディーラー側も交渉しやすいのでおすすめの戦術です。

 

>目次に戻る<

 

アルファードの展示車は値引きできる?

「展示車は安く買うことができる」そんな話を聞いた事がある方もいるでしょう。実際に、展示車はディーラー店内に展示され続けているために、色々な人が触ったり乗ったりしますから、その分値引きして買うことができます。アルファードは人気車なこともあり、展示される機会も多いため、購入機会も多いでしょう。

 

ですが、その反面気をつけなければならないことも多いのです。展示車はボディーカラーやグレード・装備が自分の好みの物だとは限りません。むしろ自分が欲しいアルファードの装備と合致することの方が少ないでしょう。仮に「展示車であればこのくらい値下げできます」と言われたとしてもグレードなどに関しては詳しく確認しておく必要があります。

 

その他にも気をつけなければならないことはあります。販売台数ノルマを稼ぐために展示車を既に新車登録してあるというケースが実は多いのです。ですから展示車を購入すると1オーナー車ということになってしまい、中古車として売却する際の価格に響いてくることがあるでしょう。ですから、アルファードの展示車を指定することで値引きを狙うのはリスクも大きくあまりおすすめできません。

 

逆にこちらから展示車を指定したわけではないのに展示車が納車されてしまう場合もあります。「納車される車が別のディーラーに展示されていた車だった」こんなことが起こりうるのです。営業マンが詳細を把握していなかった時に起こりうることではありますが、こちらとしては実際に納車されるまでどんな車が来るかはわかりません。何も手を打たないでいると展示車が納車されてしまうことがあるのです。なんとか事前に対処することでこういった事態を避けましょう。

 

その為には、まず価格交渉をしている際に「展示車はNG」であることを明示しておきましょう。注文書の特記事項に「展示車NG」と記述した上で口頭でも展示車は絶対嫌だと伝えておきましょう。その上でシートに掛かったビニールはそのままの状態で納車するようにお願いしてごまかしがきかないようにしておきましょう。ダメ押しで「何かの間違いで展示車が納車されたら嫌ですから」と展示車のフレーム番号もメモしておきましょう。このくらいやっておけば、黙って展示車が納車されてしまうようなことはおきません。

 

>目次に戻る<

 

決算期にアルファードはどのくらい値引きできる? 時期別解説も

 

アルファードは時期によって値引き額がそこまで大きく変動するわけではありませんが、決算期などの特別な時期であれば拡大することもあります。

 

こちらでは通年でアルファードの値引き状況がどのように変化するのかを、時期に分けて紹介していきます。

 

1~3月(決算期)

 

年度末決算(3月)をにらんで行動していく時期です。一年を通して一番新車が売れるタイミングですから、値引きされやすいこともありアルファードの新車購入をこの時期にしようと考えている方もかなりいます。しかし決算の3月から動いたのではやや遅いのです。アルファードは人気車ですから、納車が4月以降になってしまう可能性があります。こうなると決算をまたいでしまうことになり、ディーラー側のやる気も鈍ってしまいます。3月の年度末セールは美味しいタイミングではありますが、ギリギリのタイミングで交渉してもいい方向に展開するのは、在庫車、軽自動車、海外メーカー車などの納期の早い車だけです。アルファードはもっと速く動きましょう。

 

ベストは1~2月の時点から動き始めてしまうことです。ディーラーも決算をまたぐことを意識し始める季節ですから、思い切った値引きを出してくることもおおいでしょう。初売りがある1月頭から動いてしまってもいいかもしれません。

 

4~6月(第一四半期)

 

4月は決算直後なこともあり、販売台数が大幅に落ち込む時期です。その上新入社員の教育に手がかかったり、社員旅行でディーラーがお休みになったりもすることもあり数字を稼ぐことができません。その上月末にはゴールデンウィークが控えていますから、4月購入を目指しているなら、決算またぎ前提で3月から動く必要が出てきます。ディーラーの稼働は落ちていますが、お客さんの数も少ない時期ですから、その分印象に残りやすい時期でもあります。うまく交渉を行えば大きな値引きをゲットすることもできるでしょう。

 

5月はゴールデンウィークが終わってしまえば次は夏商戦に突入し、ディーラー側も積極的になってきます。トヨタは納期が遅めの車種が多いこともあって夏商戦はかなり早いタイミングで仕掛けてきますからアルファード狙いであればここで勝負してもいいでしょう。

 

6月は第一四半期の締めですから、決算時期の様に実績が欲しくなる時期です。ディーラーとしては6月中に契約してほしいですから、6月上旬から動いておくといいでしょう。

 

7~9月(半期決算)

 

夏商戦も大詰めになってきます。7月後半は夏休みにはいる関係で稼働が落ちることを押さえておきましょう。そうなる前に7月前半にアルファード等の人気車をガンガン押してきます。8月はとにかく消費が落ち込む季節ですから、そこで実績を作るためにアルファードの値引きが拡大しやすいタイミングです。

 

8月は2月と合わせて「ニッパチ」で物が全然売れない時期です。夏休みやお盆休みのありますから稼働も少なくなっています。お盆前に商談を進めておき、休み明けに再訪して営業マンに印象付けることで値引きを獲得しましょう。

 

9月は半期決算がある関係で売り上げを稼ぐための秋商戦が活発になっています。アルファードの値引狙いはこの時期がオススメです。更に例年9月はホンダが半期決算セールを行いますからオデッセイの値引きを確保できます。もしもアルファードとオデッセイの競合を行うのであればこの時期は効果が大きくなりますのでおすすめです。

 

10~12月(第三四半期)

 

秋商戦もまっただ中ではありますが、「年内納車」という言葉をディーラーが強く意識してくる季節です。アルファードは人気車ですから納車まで数か月かかってしまうこともあります。12月に商談がまとまっても年内納車は不可能です。10月から動き出すのがいいですが、最悪でも11月の頭には話をまとめる必要があるでしょう。

 

年内納車を意識していることもあり、この時期のディーラーは時間がかりそうなお客さんを嫌います。競合車をたくさん作っての商談は避けた方が賢明でしょう。アルファード同士の相見積もり一本で勝負を基本に、どうしてもということであればヴェルファイアを少し絡めるくらいにしておきましょう。

 

12月から動いても年内納車はできないと上で書きましたが、それを逆手に取るという方法もあります。年またぎ前提で商談を進めるのですが、本来であれば年明けはたくさんお客さんが訪れますが、12月から動いているのであれば1月からの初売り商戦決算商戦の交渉で有利に交渉を進めることができるでしょう。

 

この方法を使う時に絶対に気をつけなければならないのは、12月に登録を行い1月に納車するという場合です。これの何が問題かというと、納車の時点で1年落ちとなってしまいますから、アルファードを売る時に価格面で不利になってしまうでしょう。12月中に商談が成立した場合でも1月登録1月納車はきっちり守るようにしましょう。

 

>目次に戻る<

 

アルファードの値引きはモデルチェンジ前後でどのくらい変わるの?

アルファードに限った話ではありませんが、モデルチェンジすると値引き事情は大きく変わります。

 

2015年にアルファードはフルモデルチェンジをしましたが、その前後で値引き事情はまったく違います。

 

時期 限界値引き額 説明
2015/05~07 約50万円 先代モデル末期
2015/08~12 一律5~10万円引き 現行モデル発売直後
2016~現在 約25~35万円引き -

 

上の表はフルモデルチェンジの前後でアルファードの値引き相場がどのくらい動くかを示した物です。アルファードに関してはフルモデルチェンジまで7年もあったために、モデル末期は値引き額がかなり大きくなっていました。その為50万円の値引きを狙うことも難しくありませんでした。ですが、現行では急激に値引きが落ち込んで数万円とれればいいところという時期が続きます。

 

時間と共に少しづつ状況はよくなり、値引き額は現在に至ります。

 

こうなると、またモデルチェンジが来たら値引きが渋くなってしまうということを気にかけている方もいるでしょう。ですがトヨタはモデルチェンジまでの期間が長いという特徴を持っています。アルファードの場合は7年、ヴォクシーは大体6年周期、シエンタはなんと13年ぶりにモデルチェンジを行いました。

 

だいたい同じくらいの頻度でモデルチェンジをすると考えると、アルファードは5年以上はモデルチェンジの心配はないと考えられます。ですから値引きも数年間はじわじわ拡大していくという市場になることが予想されます。

 

モデルチェンジでアルファードの値引き相場が変わってしまうことは、今は考えなくていいでしょう。マイナーチェンジで多少値引きが渋くなることはあるかもしれませんが、せいぜい数万円程度です。

 

モデルチェンジが値引き相場に及ぼす影響は考えずに、交渉のセオリーをきっちりおさえて商談にのぞむようにしましょう。

 

>目次に戻る<

 

地域によってアルファードの値引き方法は変わってくる?

「どのディーラーに行ったところでアルファードの値引き額が変わるの?」と思われる方もいるかもしれません。ですが実は地域によって値引きはかなり変わってくるのです。

 

「都市部型ディーラー」「郊外型ディーラー」の二つに分けることができ、その特徴は大きく違います。

 

最初に都市部型ディーラーについてですが、人は多いもののディーラーも多いため、お客さんを取り合っての縄張り争いがあります。ですからそこで展開を有利にするために大きな値引きがでやすいのです。しかし、土地代や人件費もかさんでくる関係で経営状態の厳しいディーラーは渋い条件しか引き出せないでしょう。

 

郊外型ディーラーは人口は少ないですがディーラーの数も少ないために取り合いはあまりありません。その為に一発逆転の為の大型値引きは少ないです。また、人口が流動的でないために、お得意さんをつくって大事にしようという傾向にあります。

 

この両者の特徴を踏まえた上で、有効な値引き戦術を考えましょう。都市部型ディーラーであれば「安くしてくれば買います」という方向で行きましょう。ディーラーとしてもその場だけの付き合いで、今目の前にいる人に売るのが大事なのです。とにかく数字を出していきたいのでだらだら交渉せずに「安くして買わせてしまおう」と思ってくれればこちらの作戦通りです。

 

郊外型ディーラーの場合はその逆です。とにかく長い付き合いにしていきたいと思っていますので「いいから安くしてくれ」と強く出てくるお客さんにはあまりいい印象は抱かれません。「いい関係をつくっていけるディーラーさんと長くつきあっていきたい」といってような形で交渉していきましょう。「このあたりの生まれで親戚も多い」「今の会社にずっといるし転勤もなさそう」というような形のアピールが効果大です。「長い付き合いになりそうだ」と思ってもらえれば自然に値引きが引き出せるでしょう。

 

越境交渉も効果的

基本的に競争の少ない郊外型ディーラーでは、複数のディーラーと激しい相見積もりをぶつけられる機会が少ないでしょう。ですから、県をまたいで別のディーラーから見積もりを取って競合させる越境交渉が効果的なこともあります。

 

そうすると「ショック療法」として働き、「よその県にお客さんをとられてしまうかもしれない」という危機意識が生まれることになります。これを行えば郊外型ディーラーでもアルファードの値引きを大きく引き出せる可能性があります。ここで競合相手に選ぶのは「都市部型」ディーラーにしましょう。

 

では、次に各地域の具体的な値引き戦術を説明していきます。

 

各地域の特徴01:都心・副都心

 

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県(名古屋)、京都府、大阪府

 

これらの地域は人口が多いために、ディーラー数も多くなっておりアルファードの値引きが拡大しやすい地域になっています。近場で競合させても効果はありますが、越境交渉もつかい数多くのトヨペット店を回ってアルファード同士を競合させていけば大きな値引きを獲得することができるでしょう。

 

ネッツ店やホンダのディーラも数多くありますので、ヴェルファイアやオデッセイなどのライバル車競合も上乗せして、更に値引きを拡大させましょう。

 

各地域の特徴02:都市部

 

北海道(札幌市)、宮城県(仙台市)、兵庫県(神戸市)、広島県(広島市)、福岡県(福岡市)など

 

都心部と比べればやや少ないですが、この位の人口数を抱える市であればアルファードの値引きはそこそこ拡大することができます。しかし問題は都心部と比較して異資本トヨペットが少ないことにあります。アルファード同士の競合はなかなか難しくなってくるでしょう。都心部はディーラーの数が豊富ですから何度もトライできますが、都市部では慎重に交渉を進める必要があります。

 

トヨペット店の少なさはネッツ店のヴェルファイアと競合させたり、ホンダカースのオデッセイと競合させることで補っていきましょう。

 

各地域の特徴03:郊外

 

上記以外の市町村

 

郊外店の場合にはトヨペット店の数が激減します。そのためアルファード同士競合を2~3店を使うことしかできない場合があります。こうなってくると失敗は許されませんので、適当にアルファード同士を相見積りしていては値引き交渉の弾がすぐになくなってしまいます。距離は遠くても越境交渉も使って確実に値引きを獲得していきましょう。

 

ネッツとホンダカーズ店の数も当然少なくなります。アルファードを値引きするための手段は数限られているということを忘れないでください。

 

ご近所にあるなじみのディーラーとじっくり付き合っていくと共に、越境交渉に都心部のディーラーを使って上手く値引きを拡大させましょう。

 

>目次に戻る<

 

2016年のアルファード値引き事情は?

まず、フルモデルチェンジなどの激しい変化がなければ、アルファードの値引き事情はおおきく変わることはないでしょう。

 

年月 アルファード値引き相場(車体価格)
2016年/5月 25~35万円
2016年/6月 25~35万円
2016年/7月 25~35万円
2016年/8月 27~37万円
2016年/9月 27~37万円
2016年/10月 27~37万円
2016年/11月 27~37万円

 

こちらの表は2016年度のアルファード値引き相場になっていますが、見ての通りあまり大きくは変わっていません。後の方になるほど少しづつ値引きは拡大していますが、これは自然な形の値動きです。

 

2017年はどうなるの?

 

2017年度も今と変わらない相場変化が続くでしょう。まだフルモデルチェンジなどはないでしょうからこのまま緩やかに値引きが拡大すると予想されます。マイナーチェンジがあれば多少値引きは渋くなるでしょうが、何もなければ値引き限度額が40万円に到達するのではないでしょうか。

 

いずれにしても、大きく値引き額が下がるようなことにはならないでしょう。

 

>目次に戻る<

 

下取りをしないでアルファードの値引きをするのは難易度が高い?

ディーラーでの下取りは本来の買い取り相場よりも安値であることが多いです。その為に下取りありでにしてしまった場合には大損することが多いのは既に説明して通りです。でも、「下取りなしで商談するとアルファードがあまり値引きできないんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。

 

実際に下取りはディーラーの売り上げになってきますので、以前は下取りなしではやりづらかった時代があったのも確かです。ですが、下取りで大幅に買いたたくことが問題になったこともあり、今では下取りなしだからと言って交渉が不利になるというようなことはほとんどありません。

 

ですが、最初は下取りはありの方向で商談を進めましょう。それによりディーラーの査定額を調べる手間が省けますし、下取りありで交渉が不利に進むことはありません。更にこちらが一般的な買い取り相場を知っていれば、同じくらいまで下取り額をアップしてくれることもあります。その場合にはわざわざ買い取り店に行く必要もありません。ディーラーで下取りしてもらって手間を省きましょう。

 

しかし、そこまで良心的なディーラーはほとんどありません。下取り金額に納得がいかずに下取りなしに変更するケースがほとんどになると思います。下取りありからなしにするのはこちらの自由ですし、特にそれが問題になることもありません。アルファードの値引き額が下がってしまうこともないです。

 

気をつけなければいけないのは、下取りありで「契約」してしまうとやっぱり下取りなしでという訳にはなかなかいきません。必ず契約書にサインする前に下取りなしに変更しておきましょう。事前に愛車の買い取り相場を知っておけばこんな最悪の結果を避けることができるでしょう。

 

愛車の買い取り相場がどのくらいになっているかは、ネットの一括査定を使えば簡単に調査できます。「かんたん車査定ガイド」を利用すれば、即座に暫定買い取り相場を知ることができるので試してみて下さい。

 

>目次に戻る<